読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

忍者Lv.2

修行中

永続的修行中忍者

カニさんフットサル(オフェンス時)

カニさんフットサル(オフェンス時)

QOFの向上。quality of football(勝手に造語)


個サルでワンデーで、または競技ならなおさらのこと。
・動きの質をより上げていくこと(正確性/速度)
・動きの意図をしっかりと認識すること(行動の内訳)
・動きを反復する力を鍛えること(フィジカル/メンタル)

 

 

物事を異なる角度から捉えてみる事で、培うQOF
高めていきたくて、学んだ動きを整理していくように書きます。

 

 

 

今回は、カニさん。


フットボール(フットサル/サッカーetc,, )をやっていると


おとなしく、カニになっておいたほうが良い時がクル。きっとくる。

 

 

 

 

 

オフェンス時のカニ

 

ご存知の通り


サイドからの打破→ゴール


はゴールを奪う手法として、有効な一手になる。

 

サイドラインで、ゆっくりとボールと身体を横に、

 

ズラしながら瞬時にスイッチを入れ、中に切れ込む。


・中に切れ込んで、コースが見えたらシュート

・中に切れ込んで、まだゴールが遠いor DFが壁になっている場合は
 逆サイドまたはポストプレー選択のパス

 

局面を打開したい時には、カニさんスタイルを有効に使いたい。

 

 

 

 

ちなみに、カニを用いず

縦にしかけるのも一手。


相手DFをスピードで

置き去りにできる場合は、

一気にドリブル→シュート→ゴールまで持ち込める。

 

しかし、ドリブルでのスピードに自信がない場合


相手に並走されていくと、中へのパスコースをきられる。


シュートコースは空いていても、実はキーパーへの

シュートコースは予測されており、シュートは打てても、


相手のDFーGK間の連携が熟成していればしているほど、
策にはめられている可能性が高い。

 

 

 

 

 

 

状況を見ながら、後は感覚を養いながら


カニさんスタイルをうまく持ち込んで、


終着点狙うのは、ゴール。

www.youtube.com